古物と言えば中古品を思い浮かべると思いますが、実際は新品でも状況によっては古物となることもあります。

また逆に、中古品でも取引状況や種類によっては古物にならないこともあります。

この記事を読んでいる人は自分の扱おうとする物品が古物に該当するのか気になっているのではないでしょうか?

この記事では古物の定義から種類まで細部にわたって解説しますので、自分の扱う物品がどうなのか理解が深まります。

古物の定義とは

前述のとおり、中古品であれば古物というわけではありません。

古物とは下記のいずれかに該当する場合をいいます。

  1. 一度使用されたもの
  2. 一度も使われてはいないが、使うために取引されたもの
  3. 上記の物品に対し、「幾分の手入れ」をしたもの

※2、例えばパソコンを使う目的で購入したが、結局使わずに新品のままというのは古物に当たります。

逆に販売店が販売目的でパソコンを購入して使用していないという場合は古物に当たりません。

※3、幾分の手入れをしたものとは、その物本来の用途・目的に変化を及ぼさない修理・加工をいいます。

例えば、壊れているパソコンを修理した場合などをいいます。

逆に極端な話、着なくなった服を切り裂いて、テーブル掛けやカーテンを作ったという場合は古物になりません。

この場合、本来の用途・目的に変化を及ぼしています。

古物は13種類ある

古物は以下の13種類に分類されています。

申請をする際は自分の扱う古物を申請書に記載しなければいけません。

美術品類 古美術、骨董品、絵画、書画、彫刻、工芸品、登録火縄銃・登録日本刀
衣類 着物、洋服、 敷物類、テーブル掛け、布団、帽子、旗 ※繊維製品、革製品等で、主として身にまとうもの
時計・宝飾品類 時計、眼鏡、コンタクトレンズ、宝石類、装飾具類、貴金属類、オルゴール、 金・プラチナ ダイヤなど
自動車 自動車、タイヤ、バンパー、カーナビ、サイドミラーなどの自動車の部品を含む。
自動二輪・原付 バイク、原付、タイヤ、サイドミラー等の部品含む。
自転車類 自転車とその部分品(空気入れ、かご、カバー等)
写真機類 カメラ、ビデオカメラ、カメラレンズ、望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡、光学機器
事務機器類 パソコン、コピー機、FAX、レジスター、シュレッダー、計算機
機械工具類 医療機器類、家庭用ゲーム機、工作機械、土木機械、電化製品、電話機
道具類 家具、楽器、スポーツ用品、CD・DVD ゲームソフト、玩具類、トレーディングカード、 日用雑貨
皮革・ゴム製品類 鞄、バッグ、靴、毛皮類、化学製品 ※主として、皮革又はゴムから作られている物品
書籍 中古本
金券類 商品券、ビール券、乗車券、航空券、各種入場券、各種回数券、郵便切手、収入印紙、オレンジカード、テレホンカード、株主優待券

※自分の扱う物品がどれに該当するか判断に迷うときは警察署に問い合わせると丁寧に教えてくれます。

古物に該当しないものは?

また以下のものは古物ではないのでよく覚えておこう。

  • 20トン以上の船舶
  • 鉄道車両
  • 航空機
  • 5トンを超える機械等(船舶を除く)

※重量物は盗品として売買される可能性が低いので古物に該当しません。

 

  • 庭石
  • 石灯籠
  • 空き箱
  • 空き缶類
  • 金属原材料
  • 被覆いのない古銅線類

※金属原材料などはそもそも本来の用途・目的に変化を加えないと取引できません。

 

  • 古銭
  • 趣味で収集された切手やテレホンカード類

※物本来の使用目的に従って取引されたものではありません

 

まとめ

色々面倒くさい話になってしまいましたが、古物の定義は古物商を営む上で大事なことなので、しっかり理解してください。

自分の扱う古物の種類や状況によっては判断に迷うこともあるかと思いますが、その際は管轄の警察署に必ず確認してください。

また、申請をする際に自分の扱う古物を指定することになりますが、なかには扱う可能性があるという理由だけで複数の古物を指定する人がいます。

扱う古物の種類が増えれば、当然のことながら警察の干渉は増えます。古物の種類を加えたり、変更するときは変更届が必要ですが、そんなに難しいものではありません。

許可申請をするときは、実際に自分の扱う古物のみを指定する方が無難です。